中古ドメインは以前、他の人が使っていたドメインを更新しないで誰でも使用でき、過去に受けた被リンクの効果などをみるとSEO的にはとてもいいです。しかし、中古ドメインにもメリット・デメリットがあるので購入する前にドメインの情報を調べましょう。

中古ドメインについて調べている女性

中古ドメインの保有者が考える必要がある駆動方法

中古ドメインを活用する方法がさまざま提案されていますが重要なことは保有者がどのようなサイトを作るのが目的かということです。中古ドメインありきでコンテンツを考える場合は中古ドメインのドメイン履歴をチェックし、検索サイトでドメイン検索をして同じようなコンテンツを用意すれば良いのですが、新規にサイトを作るならそれに合わせた中古ドメインを探す必要があります。中古ドメインをしっかり駆動させたかったら中古ドメインが持つ評価を理解しなくてはなりません。中古ドメインの利用にあたっては2つのポイントが大事です。1つはインデックスです。検索サイトで作られるインデックスはサイトの評価であり、それをみることでさまざまな情報が得られます。その一つがカテゴリです。検索サイトが中古ドメインをどのようにみていたかが分かります。そのカテゴリはとても大事であり、カテゴリにあっていないコンテンツをインデックスに合わせても無視されるか、インデックスを書き換えてしまいます。インデックスが活かせないと価値が大幅に下がります。また、キーワードも大事です。旧SEOでは重要だったキーワードですがあまり使われなくなっていますが、インデックスを活かすためにはキーワードの確認は重要です。さらにこれらを活かすパスの存在も重要です。パスがあていないインデックスは使われていないのと一緒です。ドメインが適用されればサイト全体がいきなり評価されると勘違いする方が多いですが、保管されているインデックスを活かさないドメインの使い方は効果が薄いです。ドメインの効果をしっかり駆動させるならパスの存在はバックリンクでも重要であり、CMSの機能も使ってパス切れがないサイトにしなくてはなりません。