中古ドメインは以前、他の人が使っていたドメインを更新しないで誰でも使用でき、過去に受けた被リンクの効果などをみるとSEO的にはとてもいいです。しかし、中古ドメインにもメリット・デメリットがあるので購入する前にドメインの情報を調べましょう。

中古ドメインについて調べている女性

中古ドメインに乗り換える場合の情報の見方

中古ドメインが注目を集めていますが、アルファベットの綴で選ぶと想定していた利点がなかったり、逆に新規サイトやメールの価値を下げてしまうこともあるので要注意です。中古ドメインへの乗り換えはいろいろな情報をチェックしてから似する必要があります。中古ドメインで得られる情報はアルファベットだけではありません。主に2つの観点で情報を得られます。1つめの見方は検索サイトでの評価です。ウェブサイトを中古ドメインで立ち上げるならとても重要なポイントです。検索サイトではドメインごとに履歴を持っていることが多く、ドメイン検索をすることができます。ドメイン検索は検索サイトでどのように評価されているかが分かります。見方としてはインデックスの状態、カテゴライズがあります。特にカテゴライズについてはこれから作るコンテンツがそれに近くなければ効果が出ないことを意味しますので要注意です。また、キーワードが決まっているなら検索順位もチェックが必要です。さらに各リンクが相対パスか絶対パスかも重要なポイントです。相対パスなら対応しやすいですが、絶対パスなら手間がかなり掛かる可能性が高いので利用する際は注意が必要です。2つめの観点はメールのブラックリストです。無料でチェックすることができ、ブラックリストに載っているかが分かります。ブラックリストに載ったことがあるドメインはスパムを流したり、ウイルス入りのメールを大量に流したことがあることを意味します。このようなドメインは検索サイトで無視されるだけではなく、メールが届かないこともあります。理由としてはブラックリストは各メールサーバで共有されているためです。また、一度載ってしまうと消すのはかなり難しいです。